ノマドワーカーの雑記帳

教育に関する事、障害者福祉に関する事、ノマドワーカーに関する事を中心に書いていきます。よろしくお願いします🤲

教育の「いじめ」問題について

世界のいじめ、人種差別の歴史

「いじめ」といえば、学校、職場、近所いろんな場所で行われることだろ。

そもそも、「いじめ」とは何か?

 

”相手に苦痛を与える行為であり、悪質な場合は傷害罪、暴行罪、強要罪、侮辱罪に相当する犯罪行為となる。”   WikiPedia

 

いじめは強い者が弱い者を差別して攻撃する事。

 

程度の差はあれ、イジメはどの世界にも存在してしまっていると私は考えている。
イジメが100%ない学校など無い。
ニュースにはなっていないが、日本全国どこの学校にも存在している問題であるのだ。
最近ニュースになっているいじめは今発生したものではなく、遥か昔から存在している。
皆さんは海外に旅行に出た時に人種差別を受けた事は無いだろうか?
人種差別もイジメの一つである

 

 

アメリカ合衆国の黒人奴隷制度

人種差別と聞いておそらく最も有名なのが黒人奴隷制度ではないだろうか?
アメリカは黒人を奴隷として扱っていた。
同じ人間とは思えない仕打ちや家畜のような扱いを黒人奴隷に対して行っていたのだ。
マイケルジャクソンはなぜ肌が白くなっていったのか?
私が考えるに黒人奴隷や差別の問題が背景にあると考えている。
今のビルボードチャートやクラブシーンを見ると黒人ミュージシャンがトップチャートを占めているが、マイケルジャクソンが大ブレイクした1980年代はまだ黒人差別が色濃く残っているような時代だった。
黒人でブレイクしていたミュージシャンはまだまだ少なかった。
マイケルジャクソン自身は白人に憧れていたに違いない。差別もされていたのだろう。
そして、日に日に肌の色が白くなっていく。
もしマイケルジャクソンが今の時代にブレイクしていたら、果たして彼の肌の色は白くなっていったのだろうか?
私はマイケルジャクソンもイジメ、差別をされていたと考えている。
つい200年位前には奴隷制度が存在していて、30年前までは黒人に対する人種差別も蔓延っていたが、
黒人の地位も高まり、奴隷制度も無くなった。
今の現代ではマイケルジャクソンのように有名になる黒人ミュージシャン、ハリウッド俳優もたくさん出てきている。
黒人のアメリカ大統領も生まれている。
同じアメリカという国で黒人奴隷制度が行われていたとは思えない程に地位向上している。

 

 

人種差別の歴史から分かる事
奴隷制度、アパルトヘイト、ユダヤ人虐殺、アボリジニ狩り。
ネルソンマンデラのように価値観の違いにより投獄されるまでになってしまった偉人もいる。
悲惨な人種差別の歴史があるが、今現在も行われているものは一つもない。
今紹介したような歴史とは別に今現在も進行形で人種差別が行われているモノも残念ながら存在している。
しかし、一つ言える事は全て無くなったわけではないが、人類は人種差別に対して進歩している。

 

 

現在のいじめ事情について
現在の「いじめ」は教育の現場でさえ起っている。教員が教員によるいじめ。そして、コロナウイルスによる差別的ないじめ。人の道徳観を失うものばかりである。
道徳性を備わっているから人間なのであり、人としてあり得るのである。
つまり、道徳性を持たないものは、逆に動物と揶揄したい。
人は、進化と遂げるとき人としての道徳観を身に着けてきた生き物である。
いじめは最低な行為であり、卑劣である。
そのことを訴えるばかりである・・・・