ノマドワーカーの雑記帳

教育に関する事、障害者福祉に関する事、ノマドワーカーに関する事を中心に書いていきます。よろしくお願いします🤲

2020年、コロナと石川県、そしてわたし⑤

f:id:kouseiya99:20200228083833j:plain

 

金沢市内の小中学校の休校が決まりました。

 

一方で、学童や児童発達支援、児童放課後等支援サービスは開いている

 

矛盾した状況を生み出しています

 

集団療育や集団保育をしない方向にあるのに、

 

本当に学校へ行かない状態ではない。

 

つまり、学校は休校するのに学童等は開いているのだ

 

そのため感染リスクが増している

 

しかも、学童の小さい子や障害児の子どもたちを中心に

 

緊急事態宣言が発令されたら、

 

その点の対応策にも注目したい。

 

結局、学校がなくても、親の代わりに見守る施設が必要なら

 

感染のリスクは変わらない。

 

このウイルスに完全に勝つためには、みんなが同時に外出を控え

 

最低限度の生活を送るしかない。

 

学童にしても児童発達支援、児童放課後等支援サービスでも

 

マスクや消毒液が十分にあるところは少ない。

 

こんな時は子供のそばに親が居て、見守ることが大切なのではないだろうか

 

わたしの家の場合、妻が看護師なのでその分、

 

夫であるわたしが子供達のそばに居てあげようと思う。

 

「私が感染したら子供達頼むね」

 

そう言い残し、今日も仕事へ出ていく妻