ノマドワーカーの雑記帳

教育に関する事、障害者福祉に関する事、ノマドワーカーに関する事を中心に書いていきます。よろしくお願いします🤲

2020年、コロナと石川県、そしてわたし

2020年、未曾有の災害となったコロナウイルス

 

私が住んでいる石川県でも、罹患者が多数発生している。

 

東京の人口比率と比較すれば、感染力は同じくらい。

 

バスの運転手だって罹患したし、市議も罹患した。

 

見えない敵と戦っているのは妻だ。

 

妻は大病院に勤務する看護師だ。

 

看護師や医師はこのような場合、最後の砦だ。

 

スペイン、イタリア、アメリカのように罹患する確率は非常に高い。

 

現に、現在も医療従事者の感染が140名を超えていている。

 

その妻の声を皆さんに届けたい

 

「死にたくない」

 

「でも、患者さんを見捨てるわけにはいかない」

 

「そのうち命の選択も始まるのかな」

 

「マスクやガウンがもう底を尽きてる」

 

「感染リスクを抱えた上でガウンなしで処置してる」

 

「看護師が熱を出しているのに出勤してくる」

 

「コロナウイルス感染者を受け入れている」

 

聞いていると、本当に辛くなる。最後には、

 

「感染して、死んだとき子供達を頼むね」

 

とまで言われました。

 

なんとも言えない現実です。

 

見えない敵と私たちは戦っているのです。でも、でも

 

陰で支えてくれる人たちを忘れないでください。

 

馬鹿みたいに「私、感染しない」なんて自信満々に言う人たち

 

愚か者です。あなたたちは恥を知りなさい。

 

いざという時助けてくれる人は誰ですか?

 

安易な行動を慎むべきです。

 

そして、政府は早く非常事態宣言を出すべきです。