ノマドワーカーの雑記帳

教育に関する事、障害者福祉に関する事、ノマドワーカーに関する事を中心に書いていきます。よろしくお願いします🤲

我が子へ・・・贈る言葉

                f:id:kouseiya99:20200307192948p:plain

小学校を卒業する我が子へ当てた手紙です。

書きながら涙が止まりませんでした。(ちなみに直筆で書きました)

 これまでの写真を振り返りながら、だんだん大きくなっていく姿を見て人の成長は早いと感じてしまいました。

 特に、小さい頃は一瞬だと言いますが、本当にそうだと思います。いつの間にか大人への階段を登り始めています。

 これから色んな困難があるかと思いますが、それを乗り越えて成長をしてほしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〇〇へ

 

まず、一言。

 

卒業おめでとう。長いようで短い6年間だったね。

 

6年間よくがんばったね。

 

4月1日、生まれた時、ほのかに空が赤く染まり綺麗な景色が広がっていたことを覚えてい

 

ます。生まれた時、安心して涙が出たことも・・・

 

でも、生まれてすぐに、君の心臓が心肺停止状態になった時、

 

どうしていいかわからなかった・・・

 

ただ、ただ祈るのみ。そんな無力な父だった。ごめんね。

 

色んなことを経験して、そして大きくなって、いつの間にか自分を超えていくんだろうな

 

と期待しながら待っています。

 

○○、君の名前は「遥」という字を使っています。つまり、「遥高く」目標をもち、そして、

 

人として「遥かな人生の道」を歩んで行くという意味です。

 

今、そんな道を○○は歩み出そうとしています。

 

そんな息子がいて誇りに思います。

 

次は、中学校のステップへ進みますが、きっと○○のことなら大丈夫と信じています。

 

そんな、○○に言葉を送ります。

 

「自分で決めたことだから、多分一人でも平気さ。つまづいても迷っても明日があるから」

 

明日を信じて、また新しい道を歩んでください

 

父より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


GReeeeN - 贈る言葉