ノマドワーカーの雑記帳

教育に関する事、障害者福祉に関する事、ノマドワーカーに関する事を中心に書いていきます。よろしくお願いします🤲

ノマドワーカーについて考える。

ノマドワーカー

 

きっと、普通に会社員や公務員をしている人にとっては、この言葉になじみがないかもしれませんね。

 

 自宅や会社のオフィスではなく、喫茶店やファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人。

 

つまり、働き場所が決まっていないのです。仕事がどこでもできる特徴があります。

 

安定した収入を得るのは大変です。

 

一瞬で、安定を失う危険性もあります。

 

社会的地位もありません

 

でも、、、、、

 

やればやっただけ稼げます。

 

勤務時間はありません。

 

そして、なにより・・・・

 

私たちは自由です。

 

束縛されることは何もないのです。時間も上司も・・・

 

でも、孤独な時があります。相談する人が居ないとき困ります。

 

そんな時、コワーキングスペースの仲間が手を貸してくれます。

 

夢もくれます。時には仕事も・・・

 

私たちノマドワーカーはこんな人たちの集まりです。

 

新しい人種です。

 

でも、充実感があります。社会参加もしています。

 

本来、人間はノマドワーカーだったのだと思います。狩りをして、獲物を得て、そしてそれを分け合う。時間なんて関係ない。狩りに行く時が仕事です。村長さんは権力を持っていたかもしれませんが・・・

 

時代を逆行し、新しい形の就労方法を身に着け、進化させたのかもしれませんね。

 

私は、今の働き方に少なくとも満足しています。そして、たぶん老後も自分なりに仕事ができていることだと思います。定年がないのだから。

 

私は日本の就労システムについて・・・・古い

 

と思っています。人間は人間らしい自由の中で働くのがいいと思います。

統一が必要な組織や企業もあります。それは別です。警察・消防・病院・救急など行政に携わる人達はある縛りが必要です。その人たちが、覚悟を持ち、信念を抱いて仕事をしていただかないと、社会は成り立ちません。

 

私が伝えたいことは、一般企業(就職)のことです。終身雇用の時代は終わりました。

新しい時代の幕開けです。

そして、新たな道を進みたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitter https://twitter.com/kouseiya